2009年02月14日

今年ショコラ 2009

丸井今井札幌店での「サロン・デュ・ショコラ」
今年は10日に行って来ました。

ショコラ・カフェでいただいたのは
09021401.JPG

「オータム」 フランク・フレッソ(フランス)
【日本の四季をイメージ。「秋」をイメージした新作の栗のガナッシュ】(左)

「パレドール」 ベルナシオン(フランス)
【リヨンの老舗ベルナシオンを代表するボンボンは、金箔で飾られた生クリームとブラックチョコレートのボンボン】(右)

どちらもとても美味。
特に「パレドール」は、素直にチョコレートの味を楽しめました。
甘すぎ、濃すぎず、苦すぎず・・・。

他には「ボナ」のボンボンアソートを購入。
「レーヴ」、「ノワ アバラント」、「シャルドン レ」の詰め合わせ。
特に「シャルドン レ」がミルキーな味わいで美味。
もう一つでも二つでもいけるお味。

今回もたくさんのブランドが出展。
日本のメーカーも随分あったように感じました。

いつも迷ってしまうので、予習しておでかけ。
(それでも会場を3周はしたかな?)

今年もお世話になったのは、「料理通信」サイトの「新・スイートの心得」の「熱帯系とサントノーレ系」の記事。

ステファン・ボナ氏がおっしゃるところの「ショコラティエ」のショコラを味わうをテーマに物色。

そのテーマを掲げて出会えたのが、「ボナ」と「ベルナシオン」。

帰宅後、「ボナ」のパンフレットを見ると、「ビオロジック」というシリーズが。
これも売られていたのかしら?
だとしたら、ゲットしておくべきでした。

でもこちらは、オンラインストアでも入手可能なので、その気になれば手に入れることは可能。

丸井今井で来年もこの祭典が開催されることを願って。
インポートショコラの更なる充実を期待しています!
(ベルナシオン、来年も種類を増やしてよろしくです!)
posted by かしの at 22:10| Comment(168) | TrackBack(4) | お店のお菓子